日本歯磨工業会 歯磨公正取引協議会
トップページ
ごあいさつ
歴史・変遷
組織
会員一覧
賛助会員一覧
会員会社製品一覧
歯磨剤に関する文献の紹介
公正取引関連規約類データ
歯磨出荷統計
歯磨Q&A
ニュースリリース
フッ素情報館
歯の衛生週間ポスター
お問い合わせ先

みがこうネット

“歯と口”の大掃除で、ますます“健口(けん)こう)”に

寒さが身にしみる季節を迎え、今年も早いもので残りわずかとなりました。毎年この時期になると、家や職場の片付けや大掃除にとりかかる方も多いのではないでしょうか。

 そんな皆さまに、ぜひ取り組んでいただきたいのが“歯と口”の大掃除。毎日ていねいにセルフケアをしていても、それだけでは歯石や着色汚れは落としきれません。年末のイベントで忙しくなる前に、かかりつけの歯科医院でしっかりプロケアをしてトラブル予防に万全を尽くしましょう。

 セルフケアで最も基本の“お掃除道具”は「ハブラシ」です。ハブラシは、その取り替えのタイミングがとても大切になります。というのも使い始めてから平均1ヶ月で、毛先が開き始めたり毛の弾力がなくなったりして、歯垢を取り除く効果が落ちてしまうからです。さらに毛先が広がったハブラシは、みがくときに歯ぐきを傷つける原因にもなりかねません。効果的なブラッシングのためには1ヶ月に1本交換するのが目安です。交換を忘れないように、月初めや最終日曜日、記念日などを毎月の交換日にするのも一案。職場などで使うハブラシも定期的に交換するようにしてください。

 ハブラシは、年齢や歯・口の状態、みがき方に合わせて選ぶことが大切です。ブラシ部分の大きさや毛のかたさ、毛先の形状などにより、子ども向けのほか、むし歯や歯周病対策をうたったものなど多種多様なものがあります。店頭で選ぶのに迷うという方は、プロケアのときに歯科医院で相談されてはいかがでしょうか。「みがこうネット」にハブラシ選びのポイントを掲載しています。ハンドルの持ちやすさなども合わせて、ご自身に最適なものを見つけていただきたいと思います。

 またハブラシのほかにも、デンタルフロスや歯間ブラシなど、いろいろなすき間に合う“お掃除道具”があります。「みがこうネット」におすすめ活用法を掲載していますので、是非参考になさってください。

 年末は何かと慌ただしい時期ではありますが、2018年がますます“健口けんこう”な1年となりますよう、“歯と口”の大掃除を実践していただきたいと思います。


complete