日本歯磨工業会 歯磨公正取引協議会
トップページ
ごあいさつ
歴史・変遷
組織
会員一覧
賛助会員一覧
会員会社製品一覧
歯磨剤に関する文献の紹介
公正取引関連規約類データ
歯磨出荷統計
歯磨Q&A
ニュースリリース
フッ素情報館
歯の衛生週間ポスター
お問い合わせ先

みがこうネット

自分の歯で、生涯おいしく・楽しく・健やかに

日に日に涼しくなり、秋の深まりが肌で感じられる時季となりました。皆さまも読書にスポーツにと、この爽やかな季節を思い思いに満喫されているのではないでしょうか。

そして秋は食べる楽しみが増える季節でもあります。秋の味覚を思いきり味わうためには健康な歯と口が欠かせませんが、残念ながらシニア世代になると歯周病やむし歯で歯を失う人が増える傾向にあります。そのため普段から歯みがきを習慣づけ、お口を清潔に保つことがとても大切です。

お口の状態はお一人お一人違うので、歯科医院でご自身に合った日々のケア方法の指導を受けるのが理想的です。ご自身でのケアのポイントは、歯と歯ぐきの境目のほか、さし歯、詰め物のある歯、歯が抜けたところなど汚れが溜まりやすい場所をていねいにみがくことです。このとき、ハブラシの毛先がきちんと当たっているか、鏡を見ながらみがくことをお勧めします。また、歯ぐきが下がった歯の根元もむし歯になりやすい場所です。ハブラシを小刻みに動かして1本ずつみがきます。みがくときに力を入れすぎると歯ぐきや歯の根元を傷つけてしまうことがあるので気をつけてください。

ハブラシに加えて、歯間ブラシやデンタルフロス、殺菌成分配合のデンタルリンスを使用するのもいいでしょう。義歯などお使いの方はその周辺も歯周病やむし歯になりやすいので気をつけてください。

シニアの方向けの、歯と口のケア方法を詳しく説明したページがございますので、ぜひ日頃のケアの参考になさってください。

歯は、毎日のお手入れ次第で生涯使えるものです。いつまでもおいしくごはんを食べ、楽しくおしゃべりをして健やかに過ごすためには、健康な自分の歯を1本でも多く保つことが大切です。この秋は、歯と口の健康に努める “オーラルケアの秋”にしていただきたいと思います。


complete