日本歯磨工業会 歯磨公正取引協議会
トップページ
ごあいさつ
使命・ビジョン
歴史・変遷
組織
会員一覧
賛助会員一覧
会員会社製品一覧
歯磨剤に関する文献の紹介
公正取引関連規約類データ
歯磨出荷統計
歯みがきQ&A
ニュースリリース
フッ素情報館
歯と口の健康週間ポスター
お問い合わせ先

みがこうネット

公正取引関連規約類データ
上枠
歯みがき類の表示に関する公正競争規約
歯みがき類の表示に関する公正競争規約施行規則
歯みがき類の成分表示要領
歯みがき業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約
歯みがき業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約施行規則
下枠

歯みがき業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約施行規則
第1条 (定 義)
規約第2条第2項に規定する「これらに準ずる事業者」とは、同項の歯みがきを製造して、又は輸入して販売する事業者と総代理店契約その他特別の契約関係にある事業者であって、これらの事業者と実質的に同一の事業を行っていると認められるものをいう。
2   顧客を誘引するための手段として、自己の供給する歯みがきの取引に付随して相手方に提供する経済上の利益は、そのための対価を請求する形態でなされた場合であっても、それが明らかに単なる仮装のためのささいな対価であると認められるときは、規約第2条第3号に規定する景品類に該当する。

第2条 (一般消費者に対する景品類の提供の制限)
規約第3条第3号に規定する「適当な限度のもの」とは、90グラム以内(ただし、液状のもの(濃縮液を除く。)は250ミリリットル以内)の歯みがき1個をいう。ただし、見本又は試供品を製造するために製造設備の新増設等新たな経済的負担を伴わなければならない場合には、この容量を越えるものであっても当該商品の最小取引単位のものを提供することができる。
2   見本又は試供品を提供する場合には、当該容器又は包装の見やすい場所に、「見本」又は「試供品」である旨を明確に表示しなければならない。

附   則 この施行規則は、公正取引委員会の承認を受け、かつ規約が施行される日から施行する。

附   則  
1   この施行規則の変更は、平成9年1月1日から施行する。
2   この規則の施行前において事業者がした行為については、なお従前の例による。
▲ページトップへ

上枠
歯みがき類の表示に関する公正競争規約
歯みがき類の表示に関する公正競争規約施行規則
歯みがき類の成分表示要領
歯みがき業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約
歯みがき業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約施行規則
下枠