みがこうネット
お問い合わせ サイトマップ
HOME 工業会サイト リンク集
セルフケアのコツ はみがき学校 OLカフェ がんばれ!みがく君 ファミリー広場
ファミリー広場
もくじ
・簡単!おかずレシピ
・デジタル絵本
・はみがきソング
・パパ・ママ・キッズ 歯育て講座
・はみがきゲーム
蝗ウ蟾・縺ョ譎る俣
繧サ繝ォ繝輔こ繧「縺ョ繧ウ繝
豁ッ縺ソ縺後″髮サ隧ア
繧キ繝九い隰帛コァ
蜊ー蛻キ縺励※菴ソ縺縲梧ュッ縺ソ縺後″蝠鍋匱諠蝣ア縲
パパ・ママ・キッズ 歯育て講座
幼児期前半(1〜3才)
幼児期前半の食生活

【おやつのあげ方】
ニューママ
うちの子はプリンやチョコレートが大好きなの。だけど、ムシ歯のことを考えると、ちょっと心配なのよね。
ニューママ
先輩ママ プレママ
そうねぇ。おやつのあげ方も考えないと、あっという間にムシ歯になってしまうものね。特に甘いものには要注意よね。
ニューママ
ムシ歯になりにくいおやつのあげ方ってあるのかしら?
ニューママ
先輩ママ プレママ
おやつは育ち盛りの子どもにとっては、1日の栄養を補う第4の食事だから、大切なものなの。だから、甘いものばかりではなくて、歯のためにもいいおやつを工夫するといいわ。
ニューママ
歯のためにもいいおやつ?
ニューママ
先輩ママ プレママ
チーズやヨーグルトなどの乳製品や小魚、いも類、果物ね。市販のお菓子や飲み物は糖分や添加物が多いから要注意。やっぱりママの手作りおやつが一番じゃないかしら。
ニューママ
なるほど。他に気をつけることはあるの?
ニューママ
先輩ママ プレママ
おやつの時間や回数をちゃんと決めて、くれぐれもダラダラ食いはさせないようにね。喉が渇いたらジュースよりも水やお茶がいいでしょう。市販のお菓子の中でも、チョコレートやクッキーのような粘着性のある甘いものはムシ歯の素になりやすいから、特に気をつけた方がいいわ。


【噛む機能の発達】
ニューママ
うちの子も奥歯が生えてきて、もぐもぐ噛むことが上手になってきたのよ。
ニューママ
先輩ママ プレママ
顎がしっかりしてきたのね。じゃあ、これからの幼児期は、噛む力をしっかりさせる時期になるわね。
ニューママ
そのためにはどんなことを気をつければいいの?
ニューママ
先輩ママ プレママ
歯の生え方によって、食材の切り方を大きめにしてみたり、ちょっと固めに茹でてみたり、といったことね。それに、噛みごたえがアップする調理法を工夫してみたり、なんてこともいいわね。そして、食物繊維の多いひじきなどの乾物や根菜類は、歯の表面の汚れを掃除する効果もあるし、おすすめよ。
ニューママ
でも、いきなり硬いものや繊維質の多いものにしたら、子どもが嫌がらないかしら。
ニューママ
先輩ママ プレママ
もちろん、歯の成長具合に合わせて、少しずつやっていくことが大切よ。子どもの噛む能力以上のものにしてしまうと、丸飲みしてしまったり好き嫌いを作ってしまう原因になってしまうから。奥歯の第二乳臼歯が生え揃うまでは、少しずつ噛む練習をするようにしましょうね。
ニューママ
慌てずゆっくり、取り組むことが大切なのね。
ニューママ


【ムシ歯になりにくい食品】
ニューママ
スーパーに行くと、おやつがいろいろありすぎて、どれを子どもにあげればいいのか分からなくなっちゃうのよね。
ニューママ
先輩ママ プレママ
そうよね。子どもを連れて行ったりしたら、「欲しい欲しい」で大変なことになってしまうわね。
ニューママ
最近、「ムシ歯になりにくい食品」ってことで、シュガーレス甘味料のことを耳にするけど、これってどういうもの?
ニューママ
先輩ママ プレママ
これは「代替甘味料」といって、原料によっていろいろな糖類があるんだけど、ムシ歯の原因になる酸を作りにくくする性質があるの。甘さは砂糖の5〜6割あるソルビトール、腸で分解されてエネルギーになるパラチノース、腸内菌を増やしてくれるフラクトオリゴ糖やそれにキシリトールなどね。
ニューママ
最近キシリトールってよくガムなどに使われているわね。
ニューママ
先輩ママ プレママ
キシリトールは「ムシ歯になりにくい甘味料」と言われているわね。世界でキシリトールをよく摂取する地域ではムシ歯が少ないという統計が出ているしね。甘さが砂糖とほぼ同じである上に、酸が作られるのを抑える性質や、なんとムシ歯菌を減らす性質もあるの。
ニューママ
すごい!それならいくらでも与えても安心なのね?
ニューママ
先輩ママ プレママ
いえいえ、おやつで大切なのは、甘さに慣れすぎないこと。代替甘味料は甘味には違いないし、取り過ぎるとおなかがゆるくなる子もいるから、あげすぎは要注意よ。


【栄養バランス・量】
ニューママ
子どもの歯や成長のためには、毎日の食事が大切だけど、どんな栄養が摂れるようにするといいのかしら?
ニューママ
先輩ママ プレママ
もちろん、栄養はバランスの良さが命よ。でも、子どもの成長に合わせて、少しずつ変えていくことも大切ね。離乳食の時には、歯の発育に欠かせないたんぱく質、噛む力をつける食物繊維を多めに。離乳食を卒業したら、歯を作るために欠かせないカルシウム、歯の土台作りや体全体の健康の基本になるたんぱく質、噛む力を向上させる食物繊維に特に気を使ってね。他の栄養素とうまくバランスを取りながら、上手に食事に取り入れるようにするのが、ママの腕の見せどころね。
ニューママ
わ〜、頑張らなくちゃ!それと、食べさせる量も、どのくらいが適量なのか迷ってしまうのよね。
ニューママ
先輩ママ プレママ
歯のためにも、噛む力をつけるためにも、食事はゆっくり食べることが大切なの。急がせると、噛まずに飲み込んでしまう癖がついてしまうから。量は少な目に、ゆっくり食べさせる。これが子どもの歯と顎の発達のためにいいことなのよ。