みがこうネット
お問い合わせ サイトマップ
HOME 工業会サイト リンク集
セルフケアのコツ はみがき学校 OLカフェ がんばれ!みがく君 ファミリー広場
OLカフェ
もくじ
・OLかわら版
・おやつレシピ
・OLカフェトーク
蝗ウ蟾・縺ョ譎る俣
繧サ繝ォ繝輔こ繧「縺ョ繧ウ繝
豁ッ縺ソ縺後″髮サ隧ア
繧キ繝九い隰帛コァ
蜊ー蛻キ縺励※菴ソ縺縲梧ュッ縺ソ縺後″蝠鍋匱諠蝣ア縲
OLカフェトーク
唾液とむし歯の親密な関係
OL2食後にお茶を飲みながら梅干しを食べているおばあちゃん。よくみかける光景ですが、これはすごく理にかなった行為なんですよ。
梅干しは見ただけで反射的に唾が出ますが、実はこの唾液がむし歯を防ぐのです。口の中のpHは、何も食べなければほぼ中性。ところがケーキなどの甘いものを食べると、すぐに酸性に変わります。このままの状態では歯は溶けていくはずなのに、時間がたつと口の中は中性に戻ってしまうのです。あらら不思議??
この秘密の正体が「唾液」。唾液の中には、酸を中和する働きのある重炭酸塩が含まれ、(1)歯が溶けるのを防ぐ、(2)溶けた歯を再石灰化する、(3)抗菌作用がある、(4)洗浄作用がある、(5)デンプンを消化するという5つの働きがあります。
「よく噛んで食べる人は、むし歯にならない」といわれますが、これも唾液パワーのおかげ。食べ物をよく噛まずに飲み込む人が増えていますが、これではアゴが弱くなるばかりか、唾液もほとんど出ません。
虫歯予防の近道は、とにかくよく噛んで食べること! よく食後に水で簡単に口をすすぐだけで安心している人もいますが、それが虫歯予防のためならばあまり効果は期待できません。食後にていねいに歯みがきをすることが重要です。それが難しければシュガーレスガムを噛むほうがおすすめ。ガムを噛むことで、歯みがきと同じように口の中を中性に戻します。ほかに、たくわん、スルメなども効果的です。
(参考資料/発掘!あるある大事典)