みがこうネット
お問い合わせ サイトマップ
HOME 工業会サイト リンク集
セルフケアのコツ はみがき学校 OLカフェ がんばれ!みがく君 ファミリー広場
はみがき学校
もくじ
・はみがき学級
・保健だより
(お口のケア用品選び)
・はみがきカレンダー
・フッ素講座
・シニア講座
・はみがきQ&A
蝗ウ蟾・縺ョ譎る俣
繧サ繝ォ繝輔こ繧「縺ョ繧ウ繝
豁ッ縺ソ縺後″髮サ隧ア
繧キ繝九い隰帛コァ
蜊ー蛻キ縺励※菴ソ縺縲梧ュッ縺ソ縺後″蝠鍋匱諠蝣ア縲
はみがき学級
3限目:歯間清掃用具の選びかた

歯間クリーナーを使おう〜歯間クリーナーの種類と特徴〜

歯ブラシの毛先が届かないようなところをみがくのが「歯間クリーナー」の役割です。特に歯と歯のすき間は汚れが落ちにくい部分です。この部分の汚れをかきとりやすいような形をした道具全般が「歯間クリーナー」です。

あなたにおすすめの歯間クリーナーは?

歯間ブラシは、I 型やL型、など、さまざまなタイプがあります。また歯間部の広さによって太さを使い分けることができますので、ご自分にあったものを選びましょう。

デンタルフロス

デンタルフロスは弾力性のある細い繊維の束です。
歯ブラシの毛先が届きにくい歯と歯の間に付着した歯垢をかき出します。
ホルダーつきのものは初めてでも使いやすいですよ。


歯間ブラシ

すき間のある歯と歯の間を効果的に清掃します。
I 型やL型、など、さまざまなタイプがあります。
すき間に合わせ、自分に合ったものを選びましょう。


歯間クリーナー(歯間ブラシ、デンタルフロス)の正しい使い方

歯間ブラシとデンタルフロス 正しい使い方

歯間クリーナーって使い方がよくわからない!効果が感じられない!というあなた。デンタルフロスや歯間ブラシでのお手入れは、適切なブラッシングと同じくらい大切なんですよ。正しい使い方を身につけて、歯と歯ぐきの健康に役立てましょう。

歯間ブラシの使い方

ブリッジなど、ダミー(人工歯)の下や、すき間が広がってフロスでは取りきれない場合に使います。歯間ブラシを歯ぐきにそって、ななめ下から入れてあげるのがコツです。

4S〜LLなどのサイズがありますので、すき間の大きさが前歯と奥歯で違う場合は、サイズの大きさの種類を組み合わせて使うといいですよ。
使用したあとは歯ブラシと同じように水洗いしてよく乾燥させてください。歯間ブラシを使うとき、フッ素入りハミガキをつけると、むし歯予防に効果的です。

イメージ


デンタルフロスの使い方

  • 1.フロスを30cmぐらいの長さに切ります。
  • 2.両手の中指に両端を2〜3回くらい巻きます。さらに左右の親指と人差し指でフロスをつまむように持ち、両手の間隔が2cmから3cmになるように片方の指に巻きます。
  • 3.歯ぐきを傷つけないように鏡を見ながら、やさしく歯と歯のすき間に斜めにのこぎりを引くようにずらしながらゆっくり挿入します。歯の汚れ(歯垢)を歯肉と歯の間に押しこまないように、歯の両側をかき出すように清掃しましょう。
    清掃する部位を変えるときには、指に巻きつけてある部分をずらして、きれいな部分にかえて使用しましょう。

初めて使う方は、ホルダー付きのものも便利ですよ。

イメージ