みがこうネット
お問い合わせ サイトマップ
HOME 工業会サイト リンク集
はみがき学校 OLカフェ がんばれ!みがく君 ファミリー広場 キャンペーン
はみがき学校
もくじ
・はみがき学級
・保健だより
(お口のケア用品選び)
・はみがきカレンダー NEW
・フッ素講座
・シニア講座
・はみがきQ&A
おやつレシピ
図工の時間
歯みがきクイズキャンペーン
シニア講座
印刷して使う「歯みがき啓発情報」
はみがき学級
4限目:ハブラシの選びかた

ハブラシ選びのポイント

歯みがきの基本は1本1本の歯を丁寧にみがくことです。そのために、歯の大きさや歯並び、歯ぐきの健康状態に合ったハブラシを選ぶことが大切で、歯医者さんで、個人個人にあったハブラシや、効果的なブラッシング方法の指導を受けるのが理想的です。ここでは、これからハブラシを買いに行こうという方や、今まさに店頭でハブラシ選びに迷っているという方向けに、ハブラシのどの部分を見て、どう選べばよいか、その目安をご紹介します。

毛のかたさについて

毛のかたさには「ふつう」「やわらかめ」「かため」があります。

歯や歯ぐきが健康な方は、歯垢や食べカスをはじき出す毛の反発力が適度にある「ふつう」がおすすめです。歯ぐきが弱っているときや、歯肉炎で出血しやすいときには、歯肉への当たりがソフトな「やわらかめ」がおすすめです。


毛先の細さ・加工について

歯や歯ぐきが健康な方は、普通の細さのものがおすすめです。

歯ぐきが弱っているときや、出血しやすいときは、「毛先が細いもの」や「毛先がやわらかく加工されたもの」がいいでしょう。「毛先が細いもの」は、歯と歯ぐきのすき間をすみかとする細菌をかき出しやすく、「毛先がやわらかく加工されたもの」は、歯ぐきを傷つけにくい利点があります。


毛先の並び方について(「平ら」と「凸凹」の違い)

毛の長さを「平ら」にそろえたタイプと、
毛の長さに変化をつけた「凹凸」タイプがあります。

「平らタイプ」は、歯面をみがきあげるのに適し、比較的多くの方に使いやすく、ハブラシのつま先、わき、かかとと呼ばれる部分(下図参照)を使って、歯と歯のすき間や歯と歯ぐきの境目もみがくことができます。

平らタイプ

「凹凸タイプ」は、毛の長さに変化をつけることで、歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目、歯列の湾曲したところに毛先が届きやすいよう設計されています。

凸凹タイプ


ヘッドの大きさについて(ブラシ部)

歯垢や食べカスをすみずみまで取り除くために、口の奥まで無理なく入るよう、ヘッドが小さめで、ヘッドの高さが低めのハブラシがおすすめです。

ところで、実はハブラシでだけでは取りきれない汚れもあります。
>> 詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


ハブラシの替え時について

ハブラシの毛は、使っているうちに毛先が磨耗し、歯垢や食べカスをはじき出す反発力が落ち、毛先が広がってしまうことで清掃効果が悪くなります。一般的には1日3回みがく方で1ヶ月が取り替え時期の目安です。

ハブラシの替え方について

電動ハブラシについて

電動ハブラシは、電気の力で毛先を高速で小刻みに動かすことによる、効率的でむらのないブラッシングが特長です。毛の動かし方の違いによって、機械的な回転式・往復式、音波振動式、超音波振動式など多種の方式があります。方式や商品の違いによって、ハブラシの使い方や適するハミガキも異なり、ヘッド(ブラシ部)の推奨交換時期も、商品によって異なりますので、それぞれの取扱説明書に従ってお使いください。

電動ハブラシについて