お口のセルフケアのコツ 親子編

赤ちゃんの歯は妊婦の食事でつくられる

赤ちゃんの体や歯の元になる組織は妊娠中に作られます。野菜や果物、魚、肉、穀物をバランスよく食べましょう。特に強い歯をつくるために、タンパク質、カルシウム、リンが重要で、牛乳はおすすめです。

イメージ

歯みがきしにくいつわり期のお口のケア

妊娠中はだ液が減り、むし歯や歯周病になりやすいので要注意です。つわりで吐き気がするときは歯みがきがしにくいです。そんな時は口に入れやすいヘッドの小さいハブラシを選びましょう。また、歯みがきそのものもできにくいときは、殺菌剤や酵素などが入ったデンタルリンスで口をすすぐのがオススメです。